『ヨーロッパの手編み2018/春夏』を買いました。

ここのところ、『ヨーロッパの手編み』が発売されるとつい買ってしまいます。
ダメダメ、編む時間ないんだから。
ともう一人の自分が止めますが、
パピーの毛糸がいいのと、着たくなっちゃう作品が多いのでつい。
P3022131.jpg

2018春夏号も、これいいなあ~。と思う作品がたくさん載っていました。
一番気になったのが、表紙の作品です。
P3022126.jpg
左のページの写真。後ろのフレアー具合がとても素敵です。
本では、スリップドレスに合わせている感じです。
編み方は、衿から裾に向かって輪に編み下げていくスタイル。
身頃と袖は、分散増し目で編み目を増やしていきます。
透かし模様も楽しそうだし。
ああ、編んでみたい。

下の二点は、ブラウスにくぎ付け。
P3022122.jpg

P3022127.jpg
手編みのベストを着こなすのは難しくて、ブラウスを合わせるとどうしてもダサくなりがち。←私の場合。
こういうブラウスを合わせればいいのね~。


パピーの<ピマデニム>とか<ピマベーシック>は、編みたいデザインが『毛糸だま』や『ヨーロッパの手編み』に載っていることが
多くて、一度は編んでみたい糸です。
ただ、お高くて、今のところ手が出ません。
この本にも、これ着たい!という作品がありました。
P3022128.jpg


最後に取り上げるのは、パピーの<リーフィー>。
紙からつくられている糸です。
軽くて、ナチュラルな風合いがあり、何とも言えない優しい色が魅力です。
段染め糸と単色の2本どり、3本どりで編むと、思いがけない色が出たりして面白いです。

この号でも<リーフィー>の活躍が。
驚いたのがこのカーディガン。
<リーフィー>って、着るものにつかえるんだ!!
P3022129.jpg
洗えるってこと⁉

<リーフィー>の洗濯表示を見てみると、手洗い可、アイロンは低温、となっています。
ドライクリーニングについても表示がありました。
洗えるってうれしいです。
リーフィーで夏用に編んだバッグを愛用していますが、持ち手の汚れが気になってきて。
でも、実際に洗うのは勇気がいるな。

これも<リーフィー>で編んだバッグです。
すごく簡単なつくりで、この可愛さ。
P3022130.jpg

以上、なんとなくモノトーン系中心のラインナップとなってしまいましたが、鮮やかな色の作品もありました。
『ヨーロッパの手編み2018春夏』。もう少し眺めて楽しみます。

編み図見るのも楽しみのひとつ。




*雨ちゃんは編み物作家*
*雨ちゃんの編み物作品は、こちらでご覧いただけます*

minne  ←minneのギャラリー  

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)


皆さんがそれぞれの編み物ライフや洋裁ライフを楽しんでいるのを見るのが好きです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

雨ちゃん

まいにち編みたい。いつでも編みたい。
編み物、洋裁、絵本など
好きなことを綴っていきます。

編み物作品はこちらでご覧いただけます。
minne 
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ご覧いただきありがとうございます