FC2ブログ

アランカーディガン、ボタンがついて完成!ボタンのつけ方おさらい。

『毛糸だまVol.175』から編んでいた、アランカーディガンが完成しました。
使用糸はブリティッシュエロイカ、13玉でした。
P2282102.jpg


ボタンは7個付けました。
日暮里の「L.musee(エル・ミューゼ)」でアウトレット価格で買ったもの。(10個800円)
直径は2cm。厚さ2mm。貝ボタンです。
P2282087.jpg

裏につける力(ちから)ボタンは着なくなったカーディガンから取った、普通の力ボタンにしました。
作品によってはニット用の力ボタンを使うこともありますが、わりと普通の力ボタンを使うことが多いです。
P2282088.jpg


では、ボタンのつけ方のおさらいです。

まずは使う糸の準備から。
編んだ毛糸と同じものを使ったほうがカッコいいので、今回使用したブリティッシュエロイカの糸をほぐして「割り糸」を作ります。
ブリティッシュエロイカは3本の毛糸が縒られているので、ねじねじを反対回しにして、一本ずつはがしていきます。
P2282091.jpg
一本にした糸は縒りがついていて、ソバージュ状態なので、スチームアイロンをかけてまっすぐにします。
同時に、熱と蒸気で繊維がきゅっと締まります。
P2282092.jpg

使う針は、ニット用のとじ針。
先がとがった<シャープポイント>の針です。
私は先が丸いとじ針と混ざらないように、パッケージのまま保管しています。
P2282109.jpg
ボタン穴を通るように細い針を使用。
刺繍針でも大丈夫だと思います。

ボタン付けは、糸やボタンや編み地などによって変えることもありますが、今日は教科書通りにやってみます。

①糸は二本どりにして玉止めをしておきます。(上の写真)
②まずは力(ちから)ボタンに糸を通します。
針は行って返ってきて、玉止めのところの輪を通します。(下の写真)
力ボタンが透明なので、見えづらくてすみません。
P2282094.jpg

③力ボタンと編み地で玉止めを挟んで、玉止めが隠れるようにして針を表に通します。
玉止めが挟まれているのをお見せしようと撮った写真ですが、力ボタンが横になってて全然わかりません・・・。
P2282096.jpg

④2~3回、表のボタンと力ボタンを行き来して、最後は糸の足にぐるぐると糸を巻き付けます。
P2282097.jpg
編み地が分厚いので、本当はもうちょっと足の長さを取ったほうがいいと思います。

⑤ぐるぐると巻き付けたら、足の根元に針を刺して
(上の写真)、裏に出して、裏で一度玉止めをします。
⑥そのまま糸を切らずに、もう一回、裏から足の根元中心に針を刺して表に出します。
⑦表に出たところでチョキンと糸を切ります。

こうすると、最後の玉止めが見えなくなり、きれいにボタン付けが終了します。


ボタンをつける時に、縦の位置は当然ボタン穴の位置に合わせますが、横の位置は前立ての中心につけるものだと思っていました。
教科書を確認すると、「ボタンの付け方」のところに、鉛筆のメモ書きで「中心よりも身頃に近い位置につける」と書いていました。
なるほど。
ボタンを閉めて着るときに、前身頃は横に引っ張られることが多いので、前立ての中心につけてしまうと、ボタンが付いているほうの前立ての端が見えてしまうからだと思います。
P2282100.jpg
あら。言うほど教科書通りにはなっていませんね。


出来上がったカーディガンをトルソーに着せてみました。
実際には、ジーンズなどのパンツに合わせると思いますが、トルソーがスカート限定なので、お手製のエプロンスカートを合わせました。
P2282104.jpg

ボタンをはめたところ。
P2282106.jpg
左前身頃を編むときに手がゆるくて大きく編めてしまったのがわかっちゃう。
洗う時に左身頃だけ縮めることができないかしら。

後ろ姿。
アラン模様が可愛くできた。
バスケット模様は、あんまり難しくないのに、見た目はすごい!って思っちゃう模様だなぁ。
P2282107.jpg

横から。
袖はやや太めです。
ダブルケーブルが中心に通ってスポーティーな感じかな。
P2282108.jpg

全体に、ちょこちょこミスがあります。
平昌オリンピックで活躍された、フィギュアスケートの宮原知子さんは、失敗しないので「ミスパーフェクト」と呼ばれているそうで本当に尊敬します。
一緒に論じるのは恐れ多いですが、やはり、パーフェクトを目指すには何より基本が大切なんだろうな、と思います。

とはいえ、首のあきが小さくて、欲しかった形のカーディガンが出来上がってとてもとてもうれしいです。
日々の着こなしに重宝するようなカーディガンが欲しかったんです。
しかも大好きなブリティッシュエロイカ。
あったか~い事間違いなし。

でも、今日から気温が上がるそうなので、着るのは来年かな。
いやいや、ちょっとそこまで、コートなしで出かけるのにいいじゃないの。


編み図はこちらから。

毛糸の色は違います。
『毛糸だま2017秋号 Vol.175』
P1011420.jpg 

P1011421.jpg 





*雨ちゃんは編み物作家*
*雨ちゃんの編み物作品は、こちらでご覧いただけます*

minne  ←minneのギャラリー  

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)


皆さんがそれぞれの編み物ライフや洋裁ライフを楽しんでいるのを見るのが好きです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

雨ちゃん

まいにち編みたい。いつでも編みたい。
編み物、洋裁、絵本など
好きなことを綴っていきます。

編み物作品はこちらでご覧いただけます。

minne→https://minne.com/@mrsrain

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ご覧いただきありがとうございます