ブルガリアスカート完成!揺れる裾が素敵です。

できました!
毛糸ザッカストアーズで買った、「LATTA(ラテ)」の「オータムレッド」で編んでいたブルガリアスカート。
完成しました。
ああ、うれしい。
P2232021.jpg

最後の作業は糸始末と仕上げアイロンでした。
編んでいる途中の糸のつなぎ目は、その都度水をつけてゴシゴシゴシと摩擦でつないでしまっていたので、最後の糸始末はウエスト部分と裾のおしまいのところだけでした。


「オータムレッド」なんて素敵な色の名前がついていますが、
実のところはえんじ色。
どんな色を合わせると大人すぎないっていうか・・・おばちゃんっぽくなく着られるだろう。
と、クローゼットを探したところ、
ベージュのアンサンブルがあったので着せてみました。
P2232024.jpg
うん、まあ、秋の図書館が似合いそうな感じかな。

仕上げアイロンは、鬼のように伸ばし気味にかけたので、裾に近いほうは伸びすぎてフレアがぼよぼよしてしまいました。
裾はこ~~んなに伸びます。
P2232022.jpg
反対側も余裕で同じように伸びますので、女王陛下の前でスカートをつまんでお辞儀するのになんの心配もいりません。
そんな場面ないけど。

よく見ると編み目が荒れているところもありますが、何度か洗濯していくうちに落ち着いてくると思います。
P2232025.jpg

アイロン仕上げで伸ばしすぎたので、裾はなんだか楽しそうに揺れて見えます。
P2232026.jpg

今回、ウールじゃなくて、
遊び毛が出ているアルパカで編んでしまって、出来上がりはブランケットみたいに見えるのではないかと内心びくびくしていました。
心配した「アルパカのほわほわ感」は、編み地が伸びて広がってみるとほとんど気にならず、
むしろアルパカのほんの少し重みがある感じがとろみとなって、素敵に揺れてくれます。

えんじ色の裏地も用意してあるので、その気になったらアンダースカートを縫おうと思っています。




<作り方まとめ>
使用糸・・・LATTA(ラテ)  オータムレッド  10玉
       (スーパーアルパカファイン100%)
編み方
  ①別糸で鎖編みの作り目・・・かぎ針4号  140目
  ②1目ゴム編み・・・3号輪針  140目・45段
  ③2目ゴム編み・・・4号輪針  280目・53段
  ④ウエスト部分の始末
     作り目をほどいてメリヤス編み  4号輪針 140目・20段
     幅2.5㎝の平ゴムテープをあらかじめ輪にしておいて、メリヤス編みでくるむ  
     はぐのはかぎ針3号 (引き抜き編み+鎖編み2目)
  ⑤3目ゴム編み・・・4号輪針  420目・60段
  ⑥4目ゴム編み・・・4号輪針  540目・106段
  ⑦裾の始末・・・・かぎ針3号 (引き抜き編み+鎖編み1目)
  ⑧アイロン仕上げ

ウエストは④で編みましたが、どのタイミングで編んでも大丈夫です。
編み地が小さいうちにウエストを作ってしまったほうが、ウエストの始末をするときにさばきやすいと思います。


*雨ちゃんは編み物作家*
*雨ちゃんの編み物作品は、こちらでご覧いただけます*

minne  ←minneのギャラリー  

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)


皆さんがそれぞれの編み物ライフや洋裁ライフを楽しんでいるのを見るのが好きです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

雨ちゃん

まいにち編みたい。いつでも編みたい。
編み物、洋裁、絵本など
好きなことを綴っていきます。

編み物作品はこちらでご覧いただけます。
minne 
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ご覧いただきありがとうございます