FC2ブログ

『白いシャツを一枚縫ってみませんか』より「フリル付きノースリーブシャツ」作りました。

初めて伊藤まさこさんの『白いシャツを一枚縫ってみませんか』(筑摩書房)から、作りました。
その名の通り、いろいろなデザインの白いシャツが載っています。
なにも本と同じように「白」で作らなくてもいいのですが、意外と白いシャツやブラウスって作っていないことに気付いた今日この頃。
でも実際は、カーディガンやジャケットに合わせるのに白いシャツがあったらいいな、と思うことが多くて、先日日暮里に行ったときに端切れでgetした白いリネンでついに念願がかないました。

作ったのは「フリル付きのノースリーブシャツ」。
P5092847.jpg
もう、これ大好き。
着てみると、Aラインで裾が広がっています。

白とはいえ、胸元のフリルが存在感あって主役級のブラウスです。
すこ~し厚めのリネンで作ったので、なおさら上質感あり。
P5092846.jpg
衿ぐりと袖ぐりはバイアステープで始末する簡単な作りです。
でも、バイアステープでくるんでしまうのではなく、ぐるりとバイアステープを縫い付けたら、テープを裏に返して手でまつる方法をとっています。
だから、ツレることなく、上品な仕上がりに。

横から見たところ。
P5092848.jpg

後ろ姿。
P5092849(1).jpg


下は『白いシャツを一枚縫ってみませんか』のノースリーブシャツのページ。
左がフリル付きです。
右の刺繍の生地で作ったものも素敵です。
P5092850.jpg

実は今回私が作ったのは、伊藤まさこさんのパターンと、いつもお世話になっている下の写真の『ミセスのスタイルブック2008盛夏号』のブラウスとのいいとこ取り。
P5092851.jpg
パターンを変えたところは3ヶ所。
一つ目は、『白いシャツを・・』のパターンだと、私のようなおばちゃん的には肩の露出が気になったので、今まで何枚も作って信頼と実績のある『ミセスの・・』のパターンと同じだけ、肩を出しました。
3センチほど。
二つ目。後ろのあきの作り方は『ミセスの・・』のブラウスの方法を採用しました。
後ろはスリットあきのデザインなので、後ろ身頃は中心を輪にしないで縫い代をつけて裁断し、後ろ中心の途中から下を縫い合わせる仕様にしてあきを作りました。
『白いシャツを・・』式にスリットあきの見返しを作るよりも、この方が簡単に思えたので。
三つめは脇を少し上げたこと。
『白いシャツを・・』のパターンから2cmほど上げました。
これで下着が見える心配はありません。

もう10年も前のものなのに、すごく重宝している『ミセスのスタイルブック2008盛夏号』の表紙はこれ。
P4042518.jpg

使ったのは、日暮里の安田商店3丁目店で買った、リネンの端切れ。
130cm幅1mでした。

『白いシャツを一枚縫ってみませんか』のノースリーブシャツ、もう一枚縫っています。
もうすぐ出来上がりそうです。



皆さんがそれぞれの編み物ライフや洋裁ライフを楽しんでいるのを見るのが好きです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

*雨ちゃんは編み物作家*
*雨ちゃんの編み物作品は、こちらでご覧いただけます*

minne  ←minneのギャラリー  
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

雨ちゃん

まいにち編みたい。いつでも編みたい。
編み物、洋裁、絵本など
好きなことを綴っていきます。

編み物作品はこちらでご覧いただけます。

minne→https://minne.com/@mrsrain

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ご覧いただきありがとうございます