FC2ブログ

「ボッブル模様のカーディガン」仕上げに取り掛かっています。

『ヨーロッパの手編み 2016 春夏』から編んでいる、「ボッブル模様のカーディガン」の全パーツが編みあがり、アイロンをかけたところです。
P4112600.jpg

ずっと放置していた物件で、発掘した時のヨレヨレ状態は3月28日の記事に書きましたが、シルク100%の糸で編んでいるのでここまできたらもう、出来上がりが待ち遠しくて待ち遠しくて。

発掘した時は、後ろ身頃、袖2本、そして前身頃の途中まで編んだところで頓挫してしまっていました。
細い糸を3号の棒針で編んでいるので、果てしない作業にくじけたのだと思います。

実際、シルクの糸はスルスルと滑りやすくて、棒針にかかっていても心もとなく、ふと気を抜くとひと目落としてしまったりするので、気晴らしに手に取るという気安い感じでは編めません。
ただ、慣れてくると、今度はそのちょっとした緊張感が気持ちよくなってきて、編み作業にどっぷり浸かるようになってきました。
しかししかし、自分の服を作るのは、あくまでも私にはオリジナル作品を編む合間の、勉強を兼ねた気分転換なので、本当はここで全エネルギーを消費してはいけないのです。
(と言っても、ブログにはオリジナル作品よりも自分の洋服づくりの記事のほうがとても多いのですが。)

が、このカーディガンでは、その、編んでいて「入り込む」感覚と、シルクブークレの面白さを知ったので大きな収穫と言えます。


編みあがったそれぞれのパーツにスチームアイロンをかけました。
どうも私は、これでもか、というほど編み地平らにしたい性分らしく、アラン模様のときもそうなのですが、今回もせっかくのボッブルをぺたんこにしてしまいました。
多分、こういう立体の模様のときでも裏からアイロンをかけてしまうので、そのせいかと思われます。
最初の写真は、ボッブルを一つ一つ手で起こしてどうにか立体に戻したものです。

アイロンのあと、肩をはぎ、衿をガーター編みで編み、脇をとじたところまで。
前立ては、前身頃を編む時に続けて編んでしまうので、すでにできています。
P4122606.jpg
糸が細くて目数・段数が多いので、脇のとじは根気のいる作業。
長い長いとじ作業がつらかったので、袖のとじはまた改めてすることにしました。

こうしてトルソーにかけてみると、衿の丸く程よいあきは使い易そうなライン。
丈が短めな、気軽にちょこっと羽織れるカーディガンが出来上がりそうです。
ああ、楽しみ楽しみ。

編み図は『ヨーロッパの手編み 2016 春夏』から。
P3262417.jpg
薄いグリーンが素敵な「ボッブル模様のカーディガン」です。
使用糸はパピーの<アラビス>。
P3262416.jpg

私が編んでいるグリーンの糸は、毛糸ピエロの<シルクガーデン>。
細かいノットが入った、ブークレ調の細い糸です。
(現在は販売終了しています。)
P3262418.jpg


皆さんがそれぞれの編み物ライフや洋裁ライフを楽しんでいるのを見るのが好きです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

*雨ちゃんは編み物作家*
*雨ちゃんの編み物作品は、こちらでご覧いただけます*

minne  ←minneのギャラリー  
iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

雨ちゃん

まいにち編みたい。いつでも編みたい。
編み物、洋裁、絵本など
好きなことを綴っていきます。

編み物作品はこちらでご覧いただけます。

minne→https://minne.com/@mrsrain

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ご覧いただきありがとうございます